猛暑で線路ゆがむ?福岡・久留米 JR久大線

 14日午後2時ごろ、福岡県久留米市のJR久大線でレールがゆがんでいるのが見つかり、JR九州は一時運転を見合わせた。暑さでレールが高温になったのが原因とみられる。

 気象庁によると、久留米市では午後1時50分ごろ、この日の最高気温36・8度を観測した。JR九州では10日にも佐賀県内の長崎線で同様の現象があった。

 JR九州によると、久留米大学前駅から約600メートルの地点で、レールが約10メートルにわたってゆがんでいるのを運転士が発見した。一部区間で上下線とも運転を見合わせたが、水を掛けるなどの応急措置をして、約2時間後に運転を再開。計約800人に影響した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ