台風7号、小笠原で要警戒 17日午前に関東甲信接近も

 台風7号は15日、小笠原諸島の東の太平洋を北上した。小笠原諸島では16日明け方にかけて非常に強い風が吹き大しけになるとして、気象庁は強風やうねりを伴う高波に警戒するよう呼び掛けた。17日午前には、関東甲信付近に風速25m以上の暴風域を伴い接近する恐れがある。

 気象庁によると、台風7号は15日午前9時現在、父島の東約280キロを時速約15キロで北北東へ進んだ。中心気圧は985hpa、中心付近の最大風速は25m、最大瞬間風速は35m。中心の東側330キロ、西側170キロ以内は風速15m以上の強風域になっている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ