関東、東北で雷雨の恐れ 台風7号接近

 台風7号は15日、小笠原諸島の東海上を北上した。台風の接近で大しけとなり、関東と東北は16日午後から激しい雷雨になる恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や暴風、高波に警戒を呼び掛けた。17日に関東、東北に近づき、同日夜には北海道付近に進む見込み。

 レーダー解析では、静岡県吉田町付近で1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。

 気象庁によると、台風7号は16日午前0時現在、八丈島の南東約470キロの海上を時速約30キロで北北西に進んだ。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ