台風7号が接近へ 関東、北日本で雷雨警戒

 台風7号は16日、伊豆諸島の東海上を北寄りに進んだ。台風の接近に伴い、関東や北日本(北海道、東北)では17日にかけて非常に激しい雷雨になるとして、気象庁は河川の増水や暴風に警戒を求めた。17日夜にかけ東北から北海道付近を北上し、18日朝にはオホーツク海で温帯低気圧になる見込み。関東への最接近は17日朝の通勤時間帯と重なるとみられる。

 気象庁によると、台風7号は16日正午現在、八丈島の東南東約190キロの海上を時速約25キロで北北西に進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ