台風7号、関東に接近 上陸の恐れも

 台風7号は16日、伊豆諸島の東海上を北寄りに進み、関東に接近した。上陸の恐れもあり、17日夜にかけて速度を速めながら東北の沿岸部沿いに北上するとみられ、気象庁は大雨や暴風、高波に警戒を呼び掛けた。18日朝にはオホーツク海で温帯低気圧になる見込み。

 気象庁によると、台風7号は17日午前0時現在、千葉県銚子市の南約60キロの海上を時速約30キロで北に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の東側390キロ以内、西側220キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ