成長マウスの脳にも感染 ジカウイルスで米チーム

 中南米を中心に感染が広がるジカ熱のウイルスが、成長したマウスの脳で学習や記憶に関わる領域にある細胞に感染したとする実験結果を、米研究チームが19日までに米科学誌に発表した。

 人では妊婦がジカ熱にかかると小頭症の子どもが生まれる恐れがあるが、大人は発熱などの軽症で済むことが多い。チームは「ジカウイルスが人の認知機能に長期的に影響するかどうか調べる必要がある」としている。

 チームは、実験のため遺伝子操作でウイルスに感染しやすくした生後5~6週の成長したマウスの目にジカウイルスを注射。6日後に脳を調べると、学習や記憶に関係する領域でウイルスが見つかった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ