台風11号、東北に接近 北海道では河川が氾濫

 台風11号は21日、列島の東海上を北上し、東北に接近した。同日夕には北海道に上陸する見込み。北海道では台風の接近に伴う大雨で一部の河川が氾濫し、住民に避難指示が出された。

 北海道開発局によると、21日未明、北海道北見市の常呂川が増水し、3カ所で一時川があふれた。紋別市や名寄市でも河川の水位が上昇し、3市を合わせて2173世帯、4674人に避難を指示した。

 気象庁によると、台風は21日正午現在、岩手県宮古市の東北東約70キロの海上を時速約35キロで北に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ