台風9号が首都圏直撃、1人死亡 37人負傷、各地で猛烈な雨

 千葉県に上陸し首都圏を直撃した台風9号は22日、東日本を北上した。各地で猛烈な雨となり、道路の冠水が相次ぎ、流されたとみられる女性(58)が死亡し、少なくとも37人が負傷した。台風上陸前から停滞していた前線による大雨が降った北海道では北見市の常呂川付近の道道脇で男性(42)の遺体が見つかった。

 気象庁によると、台風9号は東日本を北寄りに進み、23日朝には北海道に上陸する見込み。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、暴風に厳重な警戒を求めた。台風が関東に直接上陸したのは2005年8月以来11年ぶりという。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ