連続台風「寒冷渦」に起因か 上陸数、平年超える

 8月は台風が平年を上回るペースで発生し、相次いで日本列島に上陸している。気象庁の統計によると、台風1号が発生したのは7月3日で過去2番目の遅さだったが、8月に入って急増し、上陸数では既に平年を超えた。気象庁は太平洋上にある冷たい空気の固まり「寒冷渦」が台風の発生しやすい環境をつくり出していると分析している。

 気象庁によると、平年の年間上陸数は2・7個なのに対し、今年は台風7号、11号、9号がこの1週間に連続して北海道や関東に上陸した。8月中の発生数も7個と平年の5・9個を上回っている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ