頸がんワクチン追跡調査を 薬害被害者団体、国に要望

 薬害被害者団体でつくる「全国薬害被害者団体連絡協議会」は24日、予防接種後の長引く痛みなどが報告されている子宮頸がんワクチンについて、定期接種見直しや被害者の救済拡大、接種を受けた全員の追跡調査を求める要望書を塩崎恭久厚生労働相に手渡した。

 患者らはワクチンの成分による薬害と主張しているが、厚労省は注射の痛みなどへの「心身の反応」の可能性があるとした専門家の議論を踏まえ、科学的な検証を続けるとしている。薬被連側は「被害の実態は十分に分かっておらず、(検証のため)全数調査や第三者による分析をするべきだ」と主張した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ