岩手で突風、初のJEF2 竜巻か、22日夜に発生

 盛岡地方気象台は24日、岩手県奥州市胆沢区で22日夜に発生した突風を現地調査した結果、風速は約60メートルと推定され、竜巻だった可能性が高いと発表した。竜巻などの強さを示す改良藤田スケールでは、6段階のうち下から3番目の「JEF2」に該当した。気象台によると、4月に運用が始まった改良藤田スケールでJEF2を記録したのは全国で初めて。

 突風は台風9号の雨雲がかかっていた22日午後9時50分ごろ発生。奥州市によると、車庫やプレハブ小屋の屋根が飛ばされるなど17棟に被害が出た。けが人はいなかった。気象台は、樹木が根元から倒れていることから、JEF2と判断した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ