台風10号、30日上陸の恐れ 接近で激しい雨も

 大型で非常に強い台風10号は28日、日本の南海上を北寄りに進んだ。北上を続けるとみられ、30日にかけて東日本から北日本に接近、上陸する恐れがある。気象庁によると、東北の太平洋側に直接上陸すれば、1951年の統計開始以来、初めてとなる。

 台風が接近する地域では29日から激しい雨が降るなど荒れた天候になる見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けた。

 台風10号は29日午前0時現在、日本の南海上を時速約25キロで北東へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ