カブトガニ500匹大量死 猛暑で海水温上昇が原因か

 環境省が絶滅危惧種に指定するカブトガニが、国内有数の生息地の北九州市・曽根干潟で、今年1月以降、約500匹死んでいることが確認された。例年、年間に見つかる死骸の8倍を超え、専門家は猛暑による海水温の上昇などを原因の可能性として指摘する。

 日本カブトガニを守る会福岡支部によると、今年1月1日~今月25日、干潟の沿岸で、約500匹の死骸が見つかった。6月ごろから急増し、子どものカブトガニも含まれていた。発見される死骸は例年、年間50~60匹。同会による20年間の調査で、最も多い。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ