巨大イノシシ どーん!!と登場 筑前町 「かがし祭」に合わせ制作 福岡県

筑前町に登場した巨大イノシシ 拡大

筑前町に登場した巨大イノシシ

 筑前町篠隈の安の里公園近くに高さ約5メートル、全長約9メートルの巨大イノシシが登場した。のどかな田園地帯にたたずむ姿は圧倒的で、住民らの人気を集めている。11月中旬まで。

 田畑を荒らすイノシシだが、古来、多産や豊穣(ほうじょう)の象徴として祭られたとされ、合併10周年を迎えた同町の五穀豊穣を祈願するため企画。11月1日に開かれる食と農をテーマにした収穫祭「どーんとかがし祭」(同祭実行委員会主催、西日本新聞社など後援)に合わせ、約120人のボランティアが竹やわらで作った。

 「大迫力のイノシシと、新鮮野菜の販売やステージショーがあるかがし祭を楽しんでください」と担当者。町企画課=0946(42)6601。

この記事は2015年10月28日付で、内容は当時のものです。

PR

PR

注目のテーマ