岩手、孤立集落で捜索本格化 自衛隊ヘリ現地へ

 台風10号の豪雨で甚大な被害が出た岩手県岩泉町で3日、孤立状態が続く集落に自衛隊などのヘリコプターが入り、援助物資の提供や安否不明者の捜索活動を本格化させた。県警や消防も不明者の捜索を急いだ。

 岩手県は岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」で発見された9人のうち最後の1人が、同町の沢田繁雄さん(79)と判明したと発表した。これで9人全員の身元が確認された。77~95歳の男性2人、女性7人で、いずれも入所者だった。

 岩手県ではホームの9人をはじめ14人が遺体で見つかった。岩泉町は依然9人と連絡が取れていない。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ