南富良野、牧場で牛900頭孤立 台風10号で道路損壊

 台風10号の大雨で発生した土砂崩れにより道路が損壊した影響で、北海道南富良野町の「公共串内牧場」の牛約900頭が4日現在、孤立している。牧場内は複数の牧地に分けられ、それぞれの牧地に水を送る配管が壊れて牛の飲み水不足が懸念されるほか、草も約2週間でなくなるという。

 町によると、牧場は南富良野町など5市町村で運営する公共牧場。毎年5~10月にかけて周辺農家から乳牛と肉牛を預かって育てている。

 視察で町を訪れた北海道の高橋はるみ知事は4日、「4~5日でなんとか道を復旧させ、牛を助けたい」と話した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ