旧日本軍の桜 論争の芽に 侵略者の押し付け、国の恥 美しさに魅了、花に罪なし 中国・武漢市に名所 東京で宣伝

 【北京・相本康一】中国有数の花見の名所である湖北省武漢市の「武漢大の桜」をめぐり、論争が起きている。地元企業がPRしようと、東京で屋外広告を掲示。この桜は日中戦争当時、旧日本軍が持ち込んだことから、「宣伝は国の恥だ」「花に罪はない」と賛否の声が出た。訪日観光の花見ブームもあってか、関心を集めているようだ。

 広告は3月中旬、武漢市のインターネット金融企業が東京・渋谷の商業ビルの大型スクリーンに提示。中国語で「世界の桜のふるさと 武漢大に花見にお越しください」と記していた。

 武漢大の敷地内には多くの桜の木があり、毎年春に最高1日20万人の花見客が訪れ、入場制限するほど。中国メディアによると、企業トップは「武漢大の桜は武漢の特色の一つ。自社の宣伝も兼ねた」と話した。

 これにかみついたのが武漢大の歴史専門家。地元ニュースサイト・荊楚網への投稿で、桜は中国のヒマラヤ山脈から各地に伝わったとされるが、現在の桜の品種を生物学的にみると起源地は日本だと指摘。「武漢を『桜のふるさと』と日本で宣伝することは国際的な笑い話になる」とくぎを刺した。

 さらに武漢大の桜は、日中国交正常化後に日本から贈られた一部を除き、占領中の旧日本軍が1939年に栽培を始めたものだと指摘。「いくら美しくても、侵略者が強制的に押し付けたもの。商人は亡国の恨みを知らない」と批判した。

 これに対し、浙江省の地元紙、銭江晩報は「歴史を忘れないことは、花を恨むことではない。ただ美しさに魅了されることに何の問題があるのか」と反論。戦後も桜の木を切らずに残した判断を評価した。

 ネット上では「桜のそばに日本軍国主義の罪であると説明文を付けるべきだ」という声の一方、「侵略者に罪あり、桜の花に責任なし」「武漢大の専門家よ、あなたの家には日本製品はないのか。もっと世界に目を広げるべきだ」といった書き込みもあった。

この記事は2016年04月01日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ