台風13号北上、列島大雨の恐れ 気象庁「土砂災害などに警戒を」

 台風13号は7日、西日本の南海上を北寄りに進んだ。台風13号の接近で列島にかかっている前線も活発化し、南西諸島から北海道の広い範囲で大雨となる恐れがある。気象庁は、土砂災害や河川の氾濫に警戒を求めている。

 台風13号は8日にも温帯低気圧に変わり、岩手県や北海道へ8~9日に接近。台風10号などで甚大な被害が出た地域でも、激しい雨が降る可能性がある。

 レーダーの解析では、7日夜に栃木県鹿沼市付近で約110ミリ、7日の未明には、群馬県の渋川市付近と東吾妻町付近で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ