厚労省、「美容医療」HPを監視 虚偽、誇大表現規制へ

 脱毛や脂肪吸引などの「美容医療」を巡るトラブルが相次ぐ状況を受け、厚生労働省は7日、医療機関のホームページ(HP)での虚偽、誇大な表現を取り締まるため、監視を強化する「ネットパトロール」を来年度から始める方針を決めた。

 同省は既に、全医療機関のHP上の虚偽表現を規制するガイドライン作成の方針を決定。今後、医療法を改正し、違反事案に罰則を設けることも検討している。

 ネットパトロールでは、同省の委託を受けた業者がHPを監視。「絶対安全な手術」「必ず成功」など虚偽、誇大とみられる表現を見つけた場合は当事者に指摘し、改善がなければ所管自治体に情報提供する。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ