低気圧で大雨、西・北日本 北海道、土砂災害を警戒

 台風13号から変わった温帯低気圧の影響で8日、西日本から北日本にかけて広い範囲で激しい雨が降った。台風10号による豪雨被害があった岩手県岩泉町などで住民への避難勧告が出され、列車が一部路線で運転を見合わせるなど交通網にも乱れが出た。

 気象庁によると、低気圧は9日にかけて北海道付近を通過する見通し。台風による大雨で地盤が緩んだり河川が増水したりした地域では災害の危険度が高まっているとして、気象庁が土砂災害に注意を呼び掛けた。

 北海道の9日午後6時までの24時間予想雨量は、太平洋側とオホーツク海側で120ミリ、日本海側で100ミリ。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ