「親富孝」「親不孝」賛否きっ抗? 通り愛称、街の50人に聞く 福岡県

「親富孝」の表示がある通り 拡大

「親富孝」の表示がある通り

 ●親富孝派「治安悪くなりそう」 親不孝派「昔のにぎわい戻る」

 かつて、やんちゃな若者たちでにぎわった福岡市・天神の北側にある繁華街は「親不孝通り」と呼ばれていた。2000年に街の健全化を目指して「親富孝通り」と変更した愛称について、地元商店主などが再び「親不孝通り」に戻そうと検討している。さて、市民はどう考えているのか-。街の声を取材した。

 親不孝通りの愛称は1970年代、近くの予備校に通う浪人生が多く歩いていたことに由来する。通りには予備校生目当ての飲食店が軒を連ねた。近くの専門学校に通う国米真波さん(19)は、現在の親富孝通りの愛称がお気に入り。「よく遊ぶ場所。『不』だと、本当に親不孝をしている気分になっちゃう」

 同じく「親富孝」を支持する人たちからは「(親不孝通りの名称は)いわくつきで昔、事件でもあったのかと思っていた」(30歳主婦)とか「せっかく縁起のいい字なのに、戻したらまた治安が悪くなりそう」(22歳会社員男性)との声も聞かれた。

 一方で、親不孝通りの名称復活を願う人たちは、往時のにぎわいが戻ることへの期待感をにじませた。会社員の西野尚子さん(38)は、バブル期に活気づいた「親不孝」の名称に戻すことで「世間の話題となり、集客につながるのではないか」と期待を寄せる。

 天神地下街へ買い物に来た佐賀県伊万里市の公務員男性(22)も親不孝派だ。「名前の由来は話のネタになる」。福岡市内の大学に勤務する韓国人の男性(42)も「かつては韓国から遊びに来た友人に面白おかしく説明できたのに」と懐かしんでいた。

 アルバイトの女性(25)は「どっちでもいい」との立場。ただし「友達へのメールで文字を打っても『親富孝』って出てこんのが困る」。20歳前後は通りのクラブに入り浸ったが「今は落ち着いて、あまり行かなくなった」とか。それはそれは、親孝行なことで…。

 ちなみに福岡市の高島宗一郎市長にも、26日の定例記者会見で聞いてみた。市長は個人的見解と前置きした上で「猥雑な部分もまた街の魅力。個人的にはいいんじゃないかと思う」と名称復活を支持する考えを明らかにした。

 記者たちがかいわいで50人に聞いたところ-。親不孝派26人、親富孝派20人、どちらでも良いが4人との結果だった。

この記事は2015年11月27日付で、内容は当時のものです。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ