8月の熱中症2万1千人 高齢者が半数、死者24人

 総務省消防庁は13日、熱中症のため8月に全国で2万1383人が救急搬送されたと発表した。前年同月に比べ2542人少なかった。全体のうち65歳以上の高齢者がほぼ半数を占めた。

 搬送先で死亡が確認されたのは24人。3週間以上の入院が必要な重症は469人、短期の入院が必要な中等症は7131人だった。

 都道府県別では大阪が1509人で最も多く、愛知1267人、兵庫1185人と続いた。人口10万人当たりの搬送者数は熊本の39・00人が最多で、次いで鹿児島35・97人、長崎31・57人。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ