台風16号、先島諸島に接近 暴風、高波に警戒を

 非常に強い台風16号は17日、沖縄の南の海上を北上し先島諸島に接近した。先島諸島では猛烈な風が吹き、海は大しけとなり、気象庁は暴風、高波、土砂災害などに警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、台風16号は17日午前11時現在、与那国島付近の海上にあり、時速約20キロの速さで北に進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から東側約110キロ以内、西側約70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 与那国島では午前10時ごろ、最大瞬間風速66・8メートルを観測した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ