台風16号、九州で4人けが 24万世帯停電、宮崎で冠水も

 台風16号の影響で、九州では20日朝にかけて南部を中心に住宅が倒れるといった被害が生じ、4人が軽傷を負った。鹿児島、宮崎両県では一時、約24万6千世帯が停電した。宮崎県は河川の氾濫などによる冠水も相次いだ。

 鹿児島県南九州市知覧町では木造平屋建て住宅が倒壊し、住人の女性が足に軽いけがをした。鹿屋市でも住宅1棟が倒壊し、1人が手に軽いけがを負った。

 宮崎県延岡市北川町は広い範囲で冠水し、住宅の床上・床下浸水が相次いだ。同町の介護老人保健施設「蛍邑苑」の1階が浸水したが入居者にけがはなかった。日向市富高では、道路の冠水で6人をボートで救助した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ