大気汚染で年間300万人死亡 アジアで深刻とWHO

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は27日、大気汚染に関する報告書を発表した。微小粒子状物質「PM2・5」などによる汚染が世界的に拡大、肺がんなど関連疾患で年間約300万人が死亡するなど「健康への最大の環境リスクになっている」と指摘した。

 特にアジアと中東の低中所得国の状況が深刻だとした。

 WHOは衛星写真と地上約3千地点の観測結果などを分析。その結果、全世界の人口の92%がPM2・5のWHO基準を超える場所に住んでいるとした。

 各国の平均汚染値も算出。順位は公表しなかったが、日本は大気1立方メートル当たり年平均13マイクログラムと欧州諸国並み。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ