列島、29日にかけ広く大雨 土砂災害、浸水に注意

 日本列島は28日、前線の影響で西日本を中心に非常に激しい雨が降った。29日にかけて列島の広い範囲で大雨になる恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水に注意を求めた。

 気象庁によると、列島を横断するように停滞している前線に暖かく湿った空気が流れ込み、広範囲で大気の状態が不安定になっている。

 28日は局地的に激しい雨が降り、長崎県新上五島町では午後4時までの24時間で236・5ミリの総雨量を記録した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ