岩手・岩泉で台風犠牲者を追悼 10号被害1カ月、町の再生誓う

 北海道と岩手県で死者・行方不明者計27人を出した台風10号の被害発生から1カ月を迎えた30日、岩手県岩泉町では正午に黙とうを呼び掛けるサイレンが鳴り響き、避難所や役場などで犠牲者に追悼の祈りをささげた。伊達勝身町長は「町民と力を合わせ、必ず美しい岩泉を復活させる」と再生を誓った。

 入所者9人が死亡した高齢者グループホーム「楽ん楽ん」では、早朝から職員ら約10人が集まり、建物の前の献花台に深々と一礼。全員で目を閉じ、静かに手を合わせた。正午にも黙とうした。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ