ジカ熱妊婦から小頭症児、タイ 2例確認、東南ア初

 【バンコク共同】タイ保健省は30日、国内の新生児2人が小頭症を発症していることについて、母親2人が妊娠中にジカ熱に感染したことと関連があると発表した。世界保健機関(WHO)によると、母親のジカ熱感染と子どもの小頭症発症の関連が確認されたのは東南アジアでは初めて。

 ジカ熱は主に蚊が媒介するウイルス感染症で、妊婦が感染すると小頭症の子どもが生まれる可能性がある。タイでは2012年に初めて感染が確認され、今年は首都バンコクなどで300人以上の感染が報告されている。同国には約6万7千人の在留邦人がおり、在タイ日本大使館は蚊に刺されないよう注意を呼び掛けている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ