台風18号、3日に沖縄接近へ 暴風や高波に要警戒

 非常に強い台風18号は2日、発達しながらフィリピンの東海上を北上した。3日夜から4日にかけて沖縄地方や奄美地方に接近する見込み。5日には西日本に達する可能性があり、気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けている。

 台風の接近に伴い、3日は沖縄や奄美で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。3日にかけて予想される最大風速は、沖縄と奄美で45m(最大瞬間風速60m)、波の高さは沖縄10m、奄美9m。

 気象庁によると、台風18号は2日午前9時現在、フィリピンの東を時速約25キロで北西へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ