台風18号、暴風域伴い接近 沖縄・奄美、猛烈なしけに

 非常に強い台風18号は3日、沖縄の南海上を北上した。同日夕から4日明け方にかけ、暴風域を伴ったまま沖縄や奄美にかなり接近し、猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなる見込み。気象庁は、暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。その後、東シナ海を北寄りに進み、4日夜から5日にかけて九州北部に近づく恐れがある。

 日航や全日空などによると、3日は那覇発着便を中心に200便以上が欠航となった。

 気象庁によると、台風18号は3日午前11時現在、那覇市の南約210キロを時速約20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ