台風18号、西日本へ 沖縄の特別警報解除

 猛烈な台風18号は4日、東シナ海を北寄りに進んだ。暴風域を伴ったまま5日にかけて対馬海峡から山陰沖を東北東に進み、北陸に接近する見通し。気象庁は西日本を中心に暴風や高波に厳重に警戒し、低い土地の浸水や高潮に注意するよう呼び掛けている。気象庁は4日朝、沖縄本島地方に出していた特別警報を解除した。

 台風18号は4日正午現在、東シナ海を時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ