台風18号、北陸など上陸の恐れ 5日から6日にかけて

 非常に強い台風18号は4日、東シナ海を北上した。暴風域を伴って対馬海峡から山陰沖を進み、5日夜から6日朝にかけて北陸から東北にかなり接近し、上陸する恐れがある。気象庁は、5日にかけて西日本を中心に非常に強い風が吹くとして、暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、北陸に直接上陸すれば、統計のある1951年以降で2例目。東北だと4例目となる。

 台風18号は5日午前0時現在、東シナ海を時速約30キロで北へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ