高額がん新薬、2段階で値下げ オプジーボ、厚労省検討

 厚生労働省は4日、優れた治療効果はあるものの、患者1人の薬代が年間約3500万円とされる新型がん治療薬「オプジーボ」の薬価について、2017年度と18年度の2段階で値下げする方向で検討に入った。医療費の高騰を抑制するためで、5日開催の中央社会保険医療協議会(中医協)に提案する。

 具体的には、まず17年4月に最大25%の薬価引き下げを想定。さらに18年4月に追加値下げを実施するが、下げ幅は財政当局や製薬業界などと調整し中医協で検討する。

 薬価は国が定め、改定は原則2年に1度で次回は18年度。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ