結婚相手紹介と偽る 「陰陽師」に賠償命令 福岡地裁

 陰陽師(おんみょうじ)を名乗る福岡県粕屋郡の女性から、長女の結婚相手に実在しない医師を紹介されるなどし、不当な金を支払わされたとして、同県大野城市の女性(66)が、女性らに約4400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で福岡地裁は30日、約2500万円の支払いを命じた。

 判決によると、被告の女性は恋愛相談やおはらいを生業としており、2009年に相談に来た原告の長女(38)に、結婚相手として東京在住の裕福な精神科医を紹介すると説明。さらに、「先祖が敵同士だと相性が悪くなる」などと供養を勧めたり、相手の医師に「術」を掛けたりする費用だとして現金を受け取った。

 青木亮裁判長は、医師は厚生労働省の記録に記載されておらず、「実在しない」と認定。原告側がだまされたと主張した約4千万円のうち、架空の医師に関する供養などの費用計約2300万円を受け取ったことは不法行為に当たると判断した。

この記事は2016年10月01日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ