阿蘇山が爆発的噴火 36年ぶり、噴煙1万メートル超

 8日午前1時46分ごろ、熊本県の阿蘇山・中岳第1火口で爆発的噴火が36年ぶりに発生した。1キロを超える広い範囲に噴石が飛散した可能性がある。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、火口から2キロの範囲で大きな噴石に警戒するよう呼び掛けた。兵庫県・淡路島の一部まで10県120以上の市町村に火山灰が降るとの予報を出し、熊本、大分両県と香川、愛媛、高知の九州以外の3県で降灰を確認した。

 阿蘇山で爆発的噴火が起きたのは1980年1月26日以来。噴煙が高さ1万1千メートルにまで達したことが気象衛星で観測された。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ