死んだクロダイやハゼ2万匹回収 松江、台風18号の影響か

 国土交通省中国地方整備局は8日、松江市東出雲町下意東の中海で、死んだクロダイやハゼなど約2万匹の魚を回収したと発表した。台風18号の影響とみられ、7日昼、約4千匹が死んでいるのを河川巡視中に確認していた。護岸周辺などを調べたところ、さらに大量に死んでいたことが分かった。

 同整備局によると、体長10センチ前後が中心だった。台風が通過するなどした場合、水中の酸素が不足して魚が死ぬことがあるという。

 松江地方気象台によると、台風18号の影響で5日、島根県全域に暴風警報が出ていた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ