産科医の数、7年ぶりに減少 都市近郊で負担大きく

 開業医らでつくる日本産婦人科医会は12日、全国の産婦人科の医師は1万1461人(1月時点)で、7年ぶりに減少に転じたとする調査結果を発表した。新たに産婦人科医になる人より退職者が多く、前年より22人減った。同医会は人材確保が急務の課題だと訴えている。

 地域別では、埼玉や兵庫など、大都市近郊で産婦人科医の負担が大きくなっていることも明らかになった。

 医会によると、産婦人科医は09年に1万79人まで減ったが、その後は増加していた。ただ産婦人科が研修医の必修科目から選択科目に変わり、12年以降は新たに産婦人科を専攻する医師が減少していることが背景にあるという。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ