「オプジーボ」の効果を判別 京大が新手法、有効使用に

 高額で保険財政への影響が懸念されている新型がん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)が効くかどうかを、採血して判別できる方法を見つけたと、京都大の大塚篤司院内講師らのチームが国際科学誌に24日、発表した。

 チームによると、実用化にはまだ時間がかかるが、効果が見込める患者にだけ使えるようになれば、経済的負担や、副作用が出る患者を減らせる可能性があるという。

 オプジーボは、がんが免疫細胞からの攻撃を抑えている仕組みを壊し、攻撃力を取り戻す薬。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ