【特派員オン・ライン】トランプさんから来るメール

 「タケシ、君はまだだな」。米大統領選で共和党候補になる見通しのトランプ氏からメールが届いた。寄付の催促である。

 4月にあったトランプ氏の集会。人数制限で記者証をもらえず、やむなく一般入場者として会場に入った。求められるままメールアドレスを伝えていたら最近になって連日寄付のお願いが来るようになったのだ。自動的にファーストネームを変えて大量送信しているに違いない。

 億万長者の同氏は、ほぼ自腹で選挙資金をまかなってきた。ただ、さすがにきつくなってきたようで献金集めにも積極的に乗り出したのだという。陣営によると6月にネットなどを通じて集めたのは約5100万ドル(約53億円)。「ひねくれヒラリーうそばかり」。ライバルを面白おかしくののしりつつ、熱心に寄付をねだるメールに心くすぐられる人もいるのだろうか。

 副大統領候補の発表を目前に控え「登録すればいち早く教えてやるよ」とのメールも来た。喜んで登録したら、すぐに返信があった。次のステップに進みたければ寄付をよろしく-。「タケシ、タダで情報がもらえると思ったのかい?」。耳元で不動産王がささやいた気がした。

この記事は2016年07月15日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ