あっ!?定置網にクジラ 天草の島原湾

 熊本県天草市志柿町から約300メートル沖合の島原湾で4日朝、定置網にザトウクジラが掛かっているのを、地元の漁業者が見つけた。既に死んでいた。天草漁業協同組合などによると、有明海につながるこの海域でクジラが確認されるのは珍しいという。

 天草漁協や天草市水産振興課によると、クジラは体長約8メートル、体重10~20トンと推定され、性別は不明。同市港町の本渡港にえい航された。5日以降、埋却も含め対応を検討するという。

 長崎大水産学部の天野雅男教授(鯨類学)は「沖縄や奄美の海域で繁殖を終え、太平洋を北上するザトウクジラが、ルートを外れて有明海付近まで迷い込んだ可能性がある」と話した。

この記事は2016年04月05日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ