AEDで社会復帰率2倍に 9年間のデータ解析、京大

 心停止状態の人に電気ショックを与える自動体外式除細動器(AED)による蘇生処置を、搬送前に一般市民から受けた場合、救命され社会復帰できる割合が2倍以上になることが2005~13年の全国の患者のデータ解析で分かったと、京都大などのチームが米医学誌に27日、発表した。

 チームの石見拓教授(蘇生科学)は「公共の場にAEDを設置する意義が裏付けられた。さらに活用が進むようにしたい」と話している。

 社会復帰できた割合は、AED処置を受けなかった患者では18・2%にとどまったが、受けた場合は38・5%と2倍以上だった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ