「大暑」の九州、各地で酷暑 宮崎市で史上最高の38・5度

 暑さが最も厳しい時期とされる二十四節気の一つ「大暑」を迎えた23日、九州地方は各地で猛暑となった。福岡管区気象台によると、宮崎市赤江の最高気温は、今年に入り九州7県で最も高い38・5度を記録。4日連続で35度以上の猛暑日となった福岡市は37・3度に達し、7月では観測史上最高の気温になった。

 宮崎市赤江の最高気温はこの日、全国で最も高く、同地点としても観測史上最高。福岡市も全国で3番目に高かった。

 このほか37・2度だった宮崎県西米良村は、同県内で観測史上最長の16日連続の猛暑日。9日連続の大分県日田市は35・3度だった。

 気象庁は、九州北部で24日も猛暑日になる所があるとして高温注意情報を出した。

=2013/07/24付 西日本新聞朝刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ