村山元首相が“応援” ビラ無断掲載に抗議 社民、大分市長選で

 社民党大分県連合の内田淳一代表は23日、記者会見し、大分市長選(26日投開票)で自民党県連などが推薦する候補者陣営が作ったビラに社民党名誉党首の村山富市元首相(91)の写真と応援メッセージを村山氏の意思に反して無断で掲載したとして、抗議したことを明らかにした。

 ビラには、村山氏と大分県知事選で4選を果たした広瀬勝貞氏が並んで写り、「私も応援しています」との文言が添えられていた。22日に一部の新聞に折り込み広告として入っていた。

 内田代表によると、村山氏は「私は関知していない。そのような内容を許すはずがない」と不快感を示し、社民党が支援する別の候補を「応援している」と話したという。一方、抗議を受けた陣営幹部は「14日に村山氏本人から了解を得た。今でも応援してもらっているという認識でいる」と話している。

この記事は2015年04月24日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ