気象衛星ひまわり、2日打ち上げ 午後3時20分に実施

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は31日、気象衛星ひまわり9号を載せたH2Aロケット31号機の打ち上げを、11月2日午後3時20分に実施することを決めたと発表した。

 当初は1日の打ち上げを予定したが、発射場がある鹿児島県の種子島宇宙センター周辺で悪天候が予想されたため延期していた。三菱重工広報部は「2日は晴れの予報が出ており、総合的に判断した。予定通り打ち上げたい」としている。

 ひまわり9号は、運用中の8号にトラブルが起きた場合に備えたバックアップ衛星。2022年の本格運用まで軌道上で待機する予定。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ