菅公の飛梅 クローン化 北野天満宮、住友林業 病害対策 研究6年 太宰府などへ寄贈検討

 太宰府に左遷された菅原道真公を慕い、京都から九州に一晩で飛来した「飛梅伝説」伝承の木とされる北野天満宮(京都市)の御神木である紅梅のクローン苗木作製に、住友林業が成功した。北野天満宮は培養した苗木を「平成の飛梅」として太宰府など全国の天満宮に贈ることも検討している。

 北野天満宮の御神木は、本殿前に立ち樹齢300年を超えるとされる。同天満宮に残る1793年の記録に「飛梅の種に間違いない」などの記述があるという。

 近年、梅や桃に感染する「プラムポックスウイルス」が国内でも流行。感染した木は実が育たなくなり、伐採せざるを得なくなる。同天満宮は、御神木を守るため、2009年に住友林業にクローン苗木づくりを依頼した。

 同社は、枝から採取した芽の組織を培養し、「多芽体」と呼ばれる芽の塊を作製。6年の研究の末、御神木と同じ遺伝子型を持つ6本のクローン苗木を育てることに成功した。梅の組織培養による苗木生産の実用化は世界初という。

 これまで京都・醍醐寺のしだれ桜など全国の名木のクローン培養を手掛けてきたが、同社筑波研究所の中川麗美さんは「梅の芽の組織は約1ミリと、桜と比べ3分の1以下で壊れやすい。品種によって培養条件も違い、とても苦労した」と話す。

 北野天満宮は苗木を増やし、道真公を祭る全国の天満宮・天神社に寄贈する構想を持つ。神原孝至禰宜(ねぎ)は「梅は天満宮の象徴。千年を超える天満宮の歴史を、後世につなぐ意味でも意義深く、全国に成果を広げたい」と話している。

この記事は2015年05月20日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ