暴風雨の飯塚で迷い犬 飼い主さんどこ? 過去に同じ経験 平田さんが保護 台風15号 福岡県

 台風15号が九州北部を直撃した25日午前10時半ごろ、飯塚市枝国の住宅街で、飼い主からはぐれたと見られる迷い犬を近くの会社員平田由貴(ゆうき)さんが見つけた。平田さんは犬の写真を載せたチラシを作り、近所のスーパーに掲げるなどして飼い主を捜している。

 平田さんは20年ほど前の暴風雨の日、飼っていたシェットランドシープドッグの「クリ」がいなくなった経験があり「飼い主の心配な気持ちを思うと放っておけなかった」という。息子に犬アレルギーがあるため自宅では保護できず、市役所に相談。現在は県嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所(飯塚市)にいる。同事務所が預かるのは30日までで、その後は県動物愛護センター(古賀市)に送られる可能性がある。

 迷い犬は雄で中型のシバ犬か雑種。革製の赤い首輪を付けている。平田さんは「お手やお座りもでき、大切に育てられているのだと思う。寂しそうだった」と話している。問い合わせは平田さん=080(6416)8186。

この記事は2015年08月30日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ