うねる大地 夢奪う 熊本本震M7.3 学生村ぼうぜん 南阿蘇・アパート倒壊 3人死亡か

 16日未明の最大震度6強の「本震」に始まり、断続的に襲ってきた余震が、熊本、大分両県の大地を深く切り刻んだ。道路の寸断で孤立し、土石流で茶褐色と化した集落。雲が厚く垂れ込め、日没を待たずに降りだした大粒の雨が、自衛隊や警察、消防の救助隊の行く手を遮る。「必ず家族、友人の元へ戻る」。窮地を脱した被災者たちがいる一方で、刻々と犠牲者は増えた。避難所では食料や水などの物資不足という現実もあらわになってきた。

 震度6強の激震が学生アパートを押しつぶした。熊本県南阿蘇村の河陽地区。近くにある東海大農学部の学生が多く住む「学生村」で、わずかな差が若者の生死を分けた。「突然どーんと突き上げられた後、何も分からず隙間に逃げ込んだ」。助かった若者は地面にへたり込み、やがて、がれきの中から発見された友人たちの遺体を涙で見送った。

 崩れ落ちた山が国道57号をのみ込み、阿蘇大橋を崩落させた。その大橋を渡った先に数十棟のアパートが集まる学生村はあり、約830人が暮らす。4棟ある2階建ての「グリーンハイツ」では複数で1階部分が押しつぶされた。

 1階に住む同大3年の宮本真希さん(20)は就寝中、突然の大きな揺れに目が覚め、壁が倒れてきた。夢中で目の前の隙間に逃げ込んだが、身動きが取れない。自力で逃げた学生たちが救助活動に当たり、「頑張れ」「大丈夫か」と励まし続けた。約3時間後、知人らがチェーンソーでがれきを取り除き、無事救出。「助かったのは友人たちのおかげです」と感謝した。

 別のアパート1階に住む農学部の女子学生(22)も「柱か机の下か分からないが、目の前の何かの隙間に入り込んだ。『助けて!』と何度叫んでも反応はない。そのうち『壁をたたいてください』という声が聞こえたんで、夢中でどんどんと壁をたたいた」。

 同じく1階に住む同大1年の中島勇貴さん(18)はうつぶせで寝ていると、背に重たいものを感じた。「息苦しく、死にたくないと呼吸に専念した。真っ暗でどれほど時間がたったか分からないが、やがて鳥の声が聞こえ朝だと思った」。チェーンソーで体が通れるだけの穴が開き、引っ張り出された。

 救出された学生はぼうぜんと立ち尽くしたり、簡易ベッドにへたりこんだりしていた。その脇を、毛布にくるまれ、ブルーシートで隠された複数の遺体が運び出された。その姿を見つめながら、学生たちはすすり泣き、手を合わせ、黙とうした。

 熊本県警によると、遺体で見つかったのは同大4年の脇志朋弥(しほみ)さん(21)と、同1年の清田啓介さん(18)。2人とも1階で見つかった。もう1遺体は身元が確認されていないが、1階に住む男子学生の可能性が高い。

 脇さんは勉強熱心で、頑張り屋だった。「教員になるか、大学院に進学するか相談を受けていた。本当に残念だ」。先輩の一人は悔しがった。

 清田さんは明るい性格だった。「最後に会ったのは15日。一緒に食堂でご飯を食べた。まさか最後になるなんて…」。同級生は声を詰まらせた。

    ×      ×

 ●亡くなられた方々

 熊本県などの地震で亡くなり、新たに身元が判明した方々は次の通り(【】は住所)。

 【熊本県益城町】内村宗春さん(83)▽西村正敏さん(88)▽西村美知子さん(82)▽園田久江さん(76)▽村田恵祐さん(84)▽島崎京子さん(79)▽河添由実さん(28)▽城本千秋さん(68)▽吉永和子さん(82)▽松野ミツ子さん(84)▽山内由美子さん(92)

 【熊本県南阿蘇村】片島信夫さん(69)▽高田一美さん(62)▽増田フミヨさん(79)▽橋本まち子さん(66)▽清田啓介さん(18)=東海大生▽脇志朋弥さん(21)=同

 【熊本県西原村】野田洋子さん(83)▽内村政勝さん(77)▽大久保重義さん(83)▽加藤カメノさん(90)▽加藤ひとみさん(79)
 【熊本県嘉島町】奥田久幸さん(73)▽田端強さん(67)▽冨岡王将さん(84)

 【熊本県御船町】持田哲子さん(70)

 【熊本市中央区】高村秀次朗さん(80)

 【熊本市東区】矢野悦子さん(95)

 【熊本市南区】椿節雄さん(68)

 【福岡県宗像市】福田喜久枝さん(63)

(共同)

    ×      ×

 ●「間違いであって…」 悲しみに暮れる遺族、知人

 「生きて」-。そう願って握り続けた娘の手は冷たくなった。16日の地震では、多くの人々の命が容赦なく奪われた。「昨日まであんなに元気だったのに」。家族や友人らは信じられないような現実に打ちのめされ、涙に暮れた。

 熊本県益城町福原の自宅で亡くなった河添由実さん(28)は、両親と兄、祖母の5人暮らし。近隣住民によると、つぶれた1階のがれきの隙間から伸びた由実さんの手を握りしめながら、母親は「早く出してあげて」と声を震わせていたという。小学時代にピアノを教えていた50代女性は「『戦場のメリークリスマス』が好きで、人一倍練習していた。亡くなったのを信じたくない」と泣いた。

 福岡県宗像市の福田喜久枝さん(63)は夫の実家が益城町にあり、14日の地震で受けた被害の片付けのために来ていて家の下敷きになった。16日午後8時ごろ、無事だった夫に付き添われ、遺体は宗像市の自宅へ。知人の60代女性は「地域の行事を積極的に引き受けてくれ、頼りにされていた」と目を潤ませた。

 自宅の下敷きになり亡くなった熊本県西原村小森の加藤カメノさん(90)と、ひとみさん(79)は義理の姉妹。ひとみさんの実弟の藤森敬朗さん(66)は「優しい姉さんだった」。西原村で亡くなった野田洋子さん(83)は周囲に手料理を振る舞うのが好きだった。長女の久美代さん(59)は「孫が関東から帰省すると、うれしそうに料理していた。無理にでも私の家に連れて行けばよかった」と泣き崩れた。

 同県嘉島町の冨岡王将さん(84)は、就寝中にがれきの下敷きとなった。約半世紀にわたる親友の徳臣太八郎さん(83)=同町=は「実直な植木職人。私の庭も手入れしてくれた。壊れた私の家を復興して、あの庭を守りたい」と語った。

この記事は2016年04月17日付で、内容は当時のものです。

PR

PR