雲仙・普賢岳 溶岩ドームに落書き 「ようこそ」 「あんたはエライ!!」 天然記念物 文化財保護法抵触も

 43人が犠牲となった大火砕流から6月3日で25年となる長崎県の雲仙・普賢岳の溶岩ドーム(平成新山、1483メートル)に、「ようこそ溶岩ドームへ」など複数の落書きがあることが分かった。周辺は島原半島の3市が災害対策基本法に基づいて立ち入りを制限しており、島原市が対応を検討している。溶岩ドームは国の天然記念物にも指定されており、文化財保護法に抵触する可能性もあるという。

 今月17日、九州大の研究者による溶岩ドーム視察に、島原市の担当者や西日本新聞記者が同行し、確認した。落書きは頂上付近などの少なくとも4カ所。いずれも黄色の塗料で、岩に人の顔とみられる絵や「あんたはエライ!!」の文字が書かれていた。1年前の視察の際はなかったという。島原市によると、落書きが見つかったのは初めて。

 3市は、溶岩ドームから麓にかけての範囲を警戒区域に指定して立ち入りを制限しているが、研究者らが島原市などの許可を得て立ち入ることはあるという。登山道から警戒区域に入る場所の2カ所に施錠ゲートはあるが、監視カメラはなく、ゲートを乗り越えて侵入することは可能という。

 無許可侵入を巡っては、2006年に地元の男性が警戒区域内で迷い、県防災ヘリで救助されて災対法違反容疑で書類送検されたほか、15年には区域内に立つ写真を会員制交流サイトに載せた男性が市の抗議を受けて謝罪、削除したことがある。

 溶岩ドームは1990年代の噴火の溶岩が冷えて固まった岩の堆積物。今も大雨や地震で崩れる恐れがあり、周辺の約950ヘクタールが警戒区域に指定されている。

この記事は2016年05月25日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ