「地域の目が気になって」小学校長、“隠れたばこ”で減給処分 敷地内に「喫煙所」、教員誘う

 福岡市教育委員会は5日、全面禁煙の学校敷地内のプレハブ小屋を「喫煙所」として使った上、部下の教職員を誘って喫煙させていたとして、城南区の男性小学校長(52)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。市教委が学校内禁煙を決めた2005年以降、喫煙に伴う処分は初めて。

 市教委によると、校長は15年5月から、始業前と放課後にそれぞれ1、2本喫煙。「ちょっと行こうか」などと教職員2人に声を掛けて誘っていた。小屋は工具置き場などに利用。市教委は、教職員2人と、ほかに小屋で喫煙した用務員4人を厳重注意処分とした。

 今年5月、市教委に匿名の手紙が届いて発覚。「校長になり、以前のように敷地外で吸うと地域の目が気になった」と話しているという。市教委は、市の懲戒処分の指針で個人が特定できる情報を明らかにするケースではないとして、氏名や校名は発表していない。

この記事は2016年08月06日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ