運休1年 つかめぬ原因 長崎市の路面電車 2度の脱線 年内再開も難しく 長崎県

 昨年10月に長崎市の公会堂前交差点で起きた路面電車の脱線事故から1年余りが過ぎた。現場のレールを交換し、今年6月に運行を再開したが、その10日後に再び脱線。運行会社の長崎電気軌道や運輸安全委員会が調査を進めているが、いまだ事故原因は特定できていない。現場を通る路線は約1年間、運休が続く異常事態となっている。

 「年内の運行再開は難しい。またレールを交換するとしたら、発注や工事で半年は動かせない」。長崎電気軌道の担当者は、なかなか原因を突き止められない現状に、いら立ちを募らせる。

 最初の事故は昨年10月11日夜に発生。右カーブを走行中、後部車輪がカーブの外側へ約16メートル脱線した。

 事故調査の一部を担ったJRグループの鉄道総合技術研究所(東京都国分寺市)は、レールの内側でガードレールの役割を担う「内軌クロッシング」が、車輪との接触で摩耗していたことを突き止めた。これを脱線要因として、長崎電気軌道は事故報告書を九州運輸局(福岡市)に提出。現場のレール約40メートルを交換し、約7カ月半ぶりに運行を再開した。現場付近では時速10キロ以下で走らせた。

 だが、再開10日後の今年6月2日夜、同じカーブで再び脱線。時速6キロと人が歩くのと同程度の超低速で走行中に、交換したばかりのレールから脱線した。

 長崎電気軌道は、電車に備え付けたドライブレコーダーの解析や運転手への聞き取りから「運転にも車両にも問題はなかった」とみている。現場のカーブは半径約20メートル。長崎市浜町にはより急な半径18・5メートルのカーブがあるため「地形やカーブの構造に問題があるとも考えにくい」と、同じ交差点で相次いだ脱線に頭を悩ます。

 九州運輸局の担当者は「昨年10月の事故後の対策に不備はなかった。今年6月の事故は、前回とは異なる要因があった可能性が高い」と指摘する。路面電車は一般の鉄道に比べると事故例も少なく「事故の要因を想定すること自体難しい」のが実情という。

 交通機関の事故や安全性に詳しい関西大の安部誠治教授は「やるべき調査をした上での事故の再発ならば、低速走行がレールと車輪の摩擦を招き脱線したなど、新たな可能性も視野に入れて事故原因を調べなくてはならない」と話す。

 6月の事故後、長崎電気軌道は朝夕のラッシュ時だけ、公会堂前発赤迫行きの臨時便を運行している。通学で利用する長崎市油屋町の男子大学生(21)は「運賃が安いから学生はよく利用する。事故原因を明らかにして安心できる交通手段になってほしい」と話す。長崎電気軌道の松坂勲経営企画室長は「多大な人に迷惑を掛け、申し訳ない。運行再開に向けて全力を尽くしたい」と話すが、再開のめどさえ立たない厳しい状況だ。

この記事は2016年10月22日付で、内容は当時のものです。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ